3.【デジカル】ウリにしている処方AI機能、実際はいかに?

3.【デジカル】ウリにしている処方AI機能、実際はいかに?
3.【デジカル】ウリにしている処方AI機能、実際はいかに?

3.【デジカル】ウリにしている処方AI機能、実際はいかに?

    デジカル処方画面
 

こちらは、2019年8月5日時点の情報です。
サービスはアップデートされる可能性がありますので、わかり次第、随時更新します。

 

みなさん、こんにちは。

さて、デジカルについて見ていきましょう。

今回は、カルテ記載・処方編です。

 

ちなみにレセコン一体型ではなくORCA連携型について紹介いたしますので、患者登録・会計・レセプト処理に関しては、ORCAの記事をご覧ください。

カルテ表示は3つ組

患者一覧の画面から患者名をクリックしてカルテを開きます。
デジカル患者一覧画面

患者詳細画面は3段構成になっていて、左から順に

1)患者情報過去カルテ
2)本日のカルテ
3)検査・処方・オーダーなど

です。

デジカル患者詳細画面

カルテ記載はシンプルで、真ん中の画面の左にある「主訴・所見」の欄に、自由記入するだけです。


検査・処方は右の画面からクリックして反映

カルテの記載が終わり、処方や検査などのオーダーを入力するには、右側の検査や処方の項目から目的のオーダーを、真ん中右の「処置・行為」にドラッグします。

デジカル患者処方画面


処方や検査で新しく画面が切り替わらない

ここは私が、デジカル良いと思っているところですが、セット登録していない検査や処方をオーダーする時に、カルテとは別画面を起動する必要がありません。

どういうことかと言いますと、右側の処方タブをクリックすると、上側に「キーワードを入力してください」という検索窓が表示されますので、処方したい処方薬を入力します。

デジカル患者処方画面2

この時、処方画面はポップアップ表示されたり、画面が遷移したりすることはありませんので、画面を移動する手間が省けます。

たかがひと手間の削減ですけれども、こういうのはありがたいですね。


デジカルがウリにしている処方パターン認識機能

これは確かに、まぁ、便利ですね。
よく処方する薬が自動で上位表示されてくるので、探す手間が少し省けます。

とはいっても、よく利用する処方内容が上位表示されるだけなので


この続きは、会員登録すると読むことができます。

電子カルテカテゴリの最新記事