7.【デジカル】オーダー入力の手間は実際は増える?AI処方機能の実際

7.【デジカル】オーダー入力の手間は実際は増える?AI処方機能の実際
7.【デジカル】オーダー入力の手間は実際は増える?AI処方機能の実際

7.【デジカル】オーダー入力の手間は実際は増える?AI処方機能の実際

    デジカル
 

こちらは、2019年9月29日時点の情報です。
サービスはアップデートされる可能性がありますので、わかり次第、随時更新します。

 
皆さん、こんにちは。
 
本日もデジカルについて見ていきましょう。

今回は、デジカルがウリにしている処方AI機能の実際についてです。
 
 

オーダーAI機能の実際

処方用量の自動換算はできない

 

吉永
吉永
処方に関しては何かありますか?
doctor_icon
瀬田先生
例えば、小児の薬剤用量を体重から自動で換算して反映してほしいといった要望も未だに反映されないです。

 

吉永
吉永
なるほどですね。ユヤマは、体重から処方用量が自動換算して反映されますね。
doctor_icon
瀬田先生
そうなのですね。他には、小児に力を入れているところですと、CAPSが開発した電子カルテとかは、自動で処方用量入力ができるようになっていますね。
 
自動用量入力を出来るようにするには、薬剤情報の元データを購入する必要があるみたいでして、高いので対応できないですと言われてしまいました。

 


開発側に医師がいない?

doctor_icon
瀬田先生
結局、ユーザーの声がたくさん集まらないと開発しないという感じです。
デジカルを使っている小児科の医院が多く、改善要望も多いとならないと対応しないですね。

 

吉永
吉永
融通きかないですね。
doctor_icon
瀬田先生
親会社がエムスリーですので、資本もありますので出来ないことはないと思いますけどね。
 
会社の中に医師がいないので、医者目線の改善が伝わらないです。

 

吉永
吉永
開発の優先度とかは、エンジニア目線になっているでしょうね。
doctor_icon
瀬田先生
そうですね。中のエンジニアの話で開発を進めようとして、医師の目線が反映されにくいですので、この仕様は実際の臨床や運用と違うという要望を出しても、言われているデジカル側がピンときていない感じが伝わってきます。
 
ですので、結局は声の数や大きさだけで意思決定をしている感じですね。

 
 


ウリにしているAI処方機能の問題点とは?

 

吉永
吉永
セットに関してはいかがですか?
doctor_icon
瀬田先生
デジカルがウリにしているAIを用いた処方機能が本当に使えなさすぎます。

例えばですが、間違えた算定を開業当初はしてしまうこともありまして、後から直した場合でも、その間違えた算定が算定項目で表示され続けてしまいます。

 

吉永
吉永
AIが間違え続けるのですね。
doctor_icon
瀬田先生
そうです。今までにクリックした回数が多いと、算定項目候補の上位に自動で上がってきてしまいますので、仮にそれが間違えた算定だったとしても、うっかりまた選んでしまって、さらにその間違えた算定項目が次回以降も上位表示され続けてしまうという。
 
 
例えば、このアセリオは97点加算のセットが表示されていますが、これも500cc以上の点滴でないと97点の加算が取れず49点しか取れないです。

アセリオは1000mgですが100ccですので97点取れません。ただ、開業当初は私達はそのことを知りませんでしたので、間違えてクリックしてしまったためにいまだに候補処置の上位表示として出続けてしまいます。

デジカル
 

 

吉永
吉永
これは大変ですね。返戻対象になってしまいますね。


この続きは、会員登録すると読むことができます。

電子カルテカテゴリの最新記事